【男5女7・110分】 鈴江俊郎『家を出た』

鈴江俊郎『家を出た』の上演時間・人数

上演時間 110分

人数  12人(男5・女7)/14人(男5・女9)


あらすじ

※ 12人版と14人版の 2つのバージョンがあります

死んだはずの吉田が目を覚ますとそこは、ある「場所」だった。
心を休めるため に用意された、場所。
死者達はいったんそこに立ち寄り、そしてぷつっ、とすべて消えてしまおう、と決める。
その気持ちがかたまるまでを過ごす場所なのだ。
一日のうち決まった 時間だけ下界、現世のことを覗くことができるけれど、
そんなことをしてどうなるというのだろう。
日に日に友に母に父に恋人に忘れ去られていく私たち。
人は必ず消える。そして忘れられてしまう。それを僕たちは受け入れられるのだろうか。
さまざまな若者たちがそこでもがく。
友達思いのバスケット部員たち、いじめに復讐した少女、永遠の恋を誓った青年。
いのちっていうのは、いとおしく、そしてこっけいだ。

https://shiroinuma.wixsite.com/shiroinuma/ie より引用

鈴江俊郎『家を出た』の台本入手方法

台本はこちらから購入できます
https://shiroinuma.wixsite.com/shiroinuma/ie

そこにあるということ | shiroinuma

鈴江俊郎『家を出た』の上演許可について

鈴江俊郎さんの作品の上演許可については下記URLから、office 白ヒ沼様まで必ずご連絡いただくようにお願いいたします。

お問合せ・ご注文 | shiroinuma

鈴江俊郎『家を出た』-戯曲を探す 戯曲図書館

タイトルとURLをコピーしました