【男2女2・130分】松尾スズキ『悪霊』

ー 男女4人が繰り広げる愛憎劇。

松尾スズキ『悪霊』の上演時間・人数

上演時間 130分

人数 4人 男2 女2


あらすじ

関西にある架空の都市。ウネハラ家の息子・タケヒコは、学生時代からの友人・ハチマンとお笑いコンビを組んでいる。売れない芸人であった二人に、ようやくTV出演というビッグな仕事が転がりこんできた頃、母・キメとの二人暮らしであったウネハラ家に、タケヒコの婚約者・ナミエが訪れる。これから全てが順調にいくはずだったウネハラ家だったが、突然の彼女の出現により、母と子・友人との間に微妙なズレが生じ、やがてその予兆は不幸な事故となって4人に襲いかかることに……。

http://mo-plays.com/akuryou/(大人計画さん公式ページより引用)


感想・コメント

調べてみると再々演まであった話題作らしいですね。

大人計画らしくやはり大人な作品。

実際の公演をみたことがないのでわかりませんが、台本を見た感じ、ミュージカルのような劇中劇が散りばめられているかつ、松尾スズキ作品らしく、狂気と血にまみれた情景が浮かんできます。

作者:松尾スズキ について

松尾スズキさんは、俳優、劇作家、演出家、映画監督などで多岐にわたって活躍しています。

劇団『大人計画』を主宰しており、阿部サダヲさん、宮藤官九郎さんなども所属している人気の劇団となっています。

脚本の特徴としては、タブーを恐れないきわどいテーマをそつなく描きます。
『障がい者』や『近親相姦』『宗教』などは、松尾スズキの作品の中によくみられます。

自身も俳優として出演しており、最近では『カイジ ファイナルゲーム(2019)』に出演していました。

受賞歴

『ファンキー!宇宙は見える所までしかない』で第41回岸田國士戯曲賞受賞

『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』で第31回 日本アカデミー賞(2008年)脚本賞受賞

松尾スズキ『悪霊』の台本入手方法

松尾スズキさんの『悪霊』は、書籍化されていますので、書店や通販などで購入することができます

マシーン日記も収録されていますので、そちらもお楽しみください。

マシーン日記 悪霊 | 松尾 スズキ |本 | 通販 | Amazon
Amazonで松尾 スズキのマシーン日記 悪霊。アマゾンならポイント還元本が多数。松尾 スズキ作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またマシーン日記 悪霊もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

松尾スズキ『悪霊』の上演許可について

松尾スズキさんの上演許可は、松尾さんの劇団「大人計画」のオフィシャルサイトに電話番号の記載があるので、そちらからの申請をお願いします。

かならず、上演許可を取ってから上演するようにお願いします。

 

ー松尾スズキ『悪霊』戯曲を探す 戯曲図書館

 

タイトルとURLをコピーしました