【男8女5以上・150分】松尾スズキ『ふくすけ』

〜150分
スポンサーリンク

ー生まれてこない方が良かった時、人はどう生きるか。 それでも宗教も未来も来世も信じる事が出来ない時、人はどう生きるか

 

松尾スズキ『ふくすけ』の上演時間・人数

松尾スズキ『ふくすけ』の上演時間は約150分です。

登場人物は、男8 女5+アンサンブル複数人です。

あらすじ

「生まれてこない方が良かった時、人はどう生きるか。 それでも宗教も未来も来世も信じる事が出来ない時、人はどう生きるか!」

冴えない中年男、エスダヒデイチと、精神のバランスを崩し告訴魔となってしまった妻マス。ある日行方不明になったマスを、ヒデイチは14年も探し続けている。

とある病院の怪しい警備員コオロギは盲目の妻サカエに歪んだ愛情を抱き、サカエはコオロギを献身的に愛していた。

テロリストであるコズマ三姉妹は、食うや食わずの境遇から歌舞伎町の風俗産業で一発当てて、飛ぶ鳥落とす勢い。

薬剤被害で奇形児として生まれ、長い間製薬会社によって監禁されていたフクスケが発見・保護された。

様々な思惑を持った人間たちが『フクスケ』を手に入れようと、悪意と愛情が交錯する―!

https://www.bunkamura.co.jp/cocoon/lineup/12_fukusuke/storycast.htmlより抜粋


感想・コメント

大人計画さんの「ふくすけ」です。

デリケートな問題にこれほどまでにストレートな表現をするのか!という松尾スズキさん。

岸田國士戯曲賞をとった『ファンキー!―宇宙は見える所までしかない』でもそうでしたがこの作品も『障害』というキーワードを出しています。

普通の人なら批判を恐れて、ためらうところを松尾スズキさんは迷いなく?描いています。

そのためか、「ふくすけ」では他に類を見ないテーマが掘り下げられています。

「宗教も未来も来世も信じる事が出来ない時、人はどう生きるか」

 

 

タイトルとURLをコピーしました