【男7女5・120分】野田秀樹『贋作 罪と罰』

〜120分
スポンサーリンク

ー 野田秀樹がドストエフスキー『罪と罰』から新しい物語を紡ぐ

上演時間 120分(目安)

人数 12 以上 男7 女5 以上(目安)


あらすじ

『超人には、人類のために既成の道徳法律を踏み越える権利がある・・・・』

幕末の日本で、そう考える女主人公・三条 英(さんじょう はなぶさ)は、正義のため、高利子の金貸しの老婆を殺してしまうが、偶然そこに居合わせた老婆の妹までも自分の手にかけてしまう。

迫り来る判事から逃げる中、友人の才谷 梅太郎(さいたに うめたろう)は、罪の意識に苛まれ苦しむ英の異変に気づき、その身を案ずるも、彼もまた幕末という歴史の渦に飲み込まれていく。

「ええじゃないか」踊りが江戸市中を埋め尽くすなか、ついに三条 英が心のうちを語り始める・・・・・!


名作ドストエフスキー「罪と罰」をさらに名作にしてしまう野田秀樹の腕に驚愕しました。

野田秀樹『オイル』のときにも思ったのですが、野田秀樹さんは、強い心情を持った女性を描くのがうまいというか、確固たる信念を持ち続けているのに、揺らぐ心というか、確固たる信念を持っているからこそ、そこに矛盾した要素が入ってくると、精神的に不均衡が生じる。というような、通常の葛藤の描き方とはまるで違う葛藤のような気がします。

野田秀樹さん自身、何かのインタビューで、ソ連の崩壊を引き合いに出して、「理想を追い求めていくというような綺麗な姿がなぜ破綻しちゃうのか」野田秀樹『贋作 罪と罰』で言えば、多くの人を救うために金貸しの老婆を殺すという「正義が理論だけに終わって、崩壊していくその姿を書くだけでも、面白いと思った(要約)」というようなことを述べていたようで、着眼点がすごいというか、凡人には思いつかないというか、それでも確かに…と思う言葉でした。

主人公・三条 英の『私はね、自分の罪がわからないの、ぜったいに!一度も!今ほど強く、正しかったと思うことはないわ!』というセリフ。葛藤して追い込まれているのに、『絶対』という言葉を使うこの矛盾した精神。それなのに強く心に突き刺さるものがありました。

ぜひ、読んで見てください。そして、上演してみてください。おすすめです!

Amazon | 舞台パンフレット 「贋作・罪と罰」(2005年12月~2006年2月) 脚本・演出/野田秀樹 出演/松たか子 古田新太 | アイドル・芸能人グッズ 通販
舞台パンフレット 「贋作・罪と罰」(2005年12月~2006年2月) 脚本・演出/野田秀樹 出演/松たか子 古田新太ほかアイドル・芸能人グッズが勢ぞろい。ランキング、レビューも充実。アマゾンなら最短当日配送。
解散後全劇作 | 野田 秀樹 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで野田 秀樹の解散後全劇作。アマゾンならポイント還元本が多数。野田 秀樹作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また解散後全劇作もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

野田秀樹『贋作 罪と罰』ー 戯曲を探す 戯曲図書館

タイトルとURLをコピーしました