【男9 女6・130分】安部公房「友達」

スポンサーリンク

ー 勝手に家に上がり込んだ9人家族。かれらは自分を友達だと言っているが…

安部公房「友達」の上演時間・人数

上演時間 130分(目安)

人数 15人 男9 女6


あらすじ

男の住むアパートに、9人家族が訪ねてくる。男が拒むも勝手に入ってくる9人の家族。

警察もアパートの大家も相手にしてくれない。

9人家族は自らを友達だといって、我が物顔で、そこで生活を始める。

男が恐怖で死んだ時、9人家族はひとりぼっちの人を探して夜の都会へと歩き出す。

感想・コメント

「砂の女」などで有名な安部公房さん、実は演劇でもバリバリ活躍しています。

文学性の高い演劇は、舞台に行われていることの意味をうかびあがらせてきます。

「友達」は、そんな安部公房さんの傑作不条理劇です。

見ず知らずの家族、しかも9人!?が家に勝手に上がり込んできて、自らを「友達」だというそんな不気味すぎる設定なのですが、安部公房「友達」は共同体のあり方を問う作品で、被害者と加害者が容易に変わっていく様子が伝わって来ます。

9人家族のなんともいえない不気味さが彼らが歌う「友達のブルース」とあいまって、舞台上でも戯曲上でも身にしみて伝わってきます。

こんな感じでちょっと怪しい感じの台本をお探しの方はぜひ、読んでみてください。

安部公房「友達」の台本入手方法

安部公房さんの作品「友達」の脚本は、本として出版されており、書店や通販などで購入することが可能です。

安部公房「友達」の上演許可について

安部公房さんはもうすでに亡くなっているため、著作権を管理する方が本人ではありません。

出版元などに問い合わせてみるとよいでしょう。

ー 戯曲を探す 戯曲図書館

タイトルとURLをコピーしました