野田秀樹『パンドラの鐘』

〜130分
スポンサーリンク

野田秀樹『パンドラの鐘』

人数 多数

上演時間 130分

あらすじ 

物語の舞台は、大平洋戦争開戦前夜の長崎。歴史の謎に惹かれ、考古学者たちが掘り出したのは、土深く埋もれた巨大な古代の鐘。
その鐘の姿から、歴史から遠く忘れ去られた古代王国と、 鐘と一緒に葬られた古代の秘密が浮かび上がる。決して覗いてはならなかった「パンドラの鐘」に記された王国滅亡の謎とは?そして、古代の光の中に浮かび上がった<未来>の行方とは・・・?

パンドラの鐘 – 公演情報 – 野田地図より引用。


野田秀樹『オイル』と対になる作品。
そちらではついついコメントしすぎてしまいましたので、こちらでは手短に述べようと思います
野田秀樹『パンドラの鐘』は、一言で言うと、「(意味するものが)わかったら面白い!けど、わからなくてもめっちゃ面白い!」と言う感じです。
野田秀樹さんは、釣りがねを見た時にそれが原子爆弾のイメージと繋がったようで(それがすごい)、こちらも戦争の話です。戦争中、そして戦後の日本の天皇制に対する皮肉の意味合いが込められているのですが、その比喩がさりげないというか、ああ、確かにそうだなあと思わされる作品でした。日本史でその辺りを詳しくなさっている方がいたら、ぜひ観てみるといいかもしれませんね。
いずれにせよ、そんな深い意味を考えなくても観たら面白いし、普通に泣ける作品です!
20世紀最後の戯曲集

20世紀最後の戯曲集

 

野田秀樹『パンドラの鐘』 ー戯曲を探す 戯曲図書館

タイトルとURLをコピーしました