本谷有希子『甘え』

〜90分
スポンサーリンク

 本谷有希子『甘え』

人数 男2 女3 90分

あらすじ

父と二人で暮らしている。母に逃げられ、寂しさに押し潰されそうな父

は、夜毎私にすがりつく。
ある日、すぐに男の子にやらせてしまう心の優しい友達が泣いていて、私は慰めたくてこう言った。
「ねえ、夜這いって文化が、なんでなくなったか知ってる?」。
その子が顔をやっと上げてくれたので、私は一生懸命、話してあげた。いろいろと。
考え方によっては、あなたのほうがずっときれいなんだよ、と。

その子は「きれいなんて言われたの初めて」と嬉しそうに笑ってくれた。
その笑顔を見て、やっぱり私は実行していい、と思ったんだ。
それはとても不道徳なことだけど、やっぱり実行しなきゃいけない、と思ったんだ。

あらすじ|劇団、本谷有希子 第15回公演「甘え」より引用

台本はこちらに掲載されています↓ 

せりふの時代 2010年 08月号 [雑誌]

 
タイトルとURLをコピーしました