別役実『犬が西向きゃ尾は東』

〜100分
スポンサーリンク

別役実『犬が西向きゃ尾は東』

ー老人たちの共通する過去…次々死んでいく人たち

人数 4 2   上演時間 約100分

あらすじ

舞台には電信柱とごみ捨て用のバケツが一個。

老いた5人の男女が歩数を歩きながら、やってきては去っていき、またやってくる。

それぞれ体調が思わしくなく道中はままならない。

そこへ、刑事らしき男が「行かずに歩こう会」を探しにやってくる。

男女はある過去を共有しているようなのだが、思い出は錯綜し関係は混乱する……

台本は、せりふの時代 2007年 夏号に掲載されています

せりふの時代 2007年 08月号 [雑誌]

 
タイトルとURLをコピーしました