中屋敷法仁『天邪鬼』

スポンサーリンク

中屋敷法仁『天邪鬼』

ー 想像力が作り出す残酷な遊び

人数 男4 女2 上演時間 約90分

あらすじ

よく学び、よく遊び、よく殺せ。今、壮大な“戦争ごっこ”が始まる。

荒廃した世界、混沌とした時代の中で、無邪気に仲良く“戦争ごっこ”に熱狂するこどもたち。
両手を拳銃に見立て、互いの急所を撃ち合ううちに、やがて指先から虚構の弾丸を放つようになる。
イマジネーションが生み出したその弾丸は、ホンモノの人間を撃ち殺し、戦車を破壊し、戦闘機を落とす。
大人たちは、こどもたちのイマジネーションを操る能力に注目し、能力開発の為に新たな教育システムを採用する。
その為に採用されたのが“演劇”。今やすべての教育機関で、こどもたちは強制的に演劇を学ぶ。ホンモノの“戦争ごっこ”の為に。

以下のリンクより引用。

台本はこちらからダウンロード可能です。

kaki-kuu-kyaku.com


【演劇】柿喰う客『天邪鬼』ダイジェスト映像

タイトルとURLをコピーしました