松井周『自慢の息子』

〜100分
スポンサーリンク

松井周『自慢の息子』

第55回岸田國士戯曲賞受賞

男 3 女 3 上演時間 約100分

あらすじ
40歳を超えて定職につかない独身の男「正」(日髙啓介)がアパートの一室に独立国を作る。そのアパートの家賃は年老いた母親(片桐はいり)の年金生活で賄われている。「ガイド」と呼ばれる男(伊藤キム)に導かれ、日本からの亡命を試みる兄妹(横田僚平、野津あおい)と「正」の母親が、その独立国を訪ねる。アパートの隣の部屋には、騒音に近い音楽を聴きながら洗濯物を干す女(稲継美保)が住む。彼らは自らの領土を主張しながら、奇妙な同居生活を始める・・・「私」という領土は一体どこに存在しているのか? あるいは その境界は?「国」と「私」についての考察劇。

サンプル『自慢の息子』Sample “Un Fils Formidable” — TOPより引用

岩松了の選評

ここに描かれているのは、単に、ひきこもりの息子とその母親との関係ではない。独自の手法は文字通り演劇的で、演劇なればこそ果たしうる作業を為した作品だ。
劇の冒頭、母が"男"に告白する──亡き夫に「お前は要領を得ない喋り方をするから、うんうん頷いてればいいんだ」と万歩計を渡され、それを頭につけて頷きつづけ、人生に目標ができたと。その男は、いかがわしい商売をしながら、息子の作ったという国へ行くガイドをするのだが、そのいかがわしさが、いや実はこの男こそその亡き夫ではないのかという不穏なものを感じさせながら、劇は進む。そして実際、旅の途中に結婚することになるという展開は、繰り返される"人の愚行"を、そっけない事実として提示している。それにとどまらず、登場する人物が、例えば隣の女はホントに隣の女なのか、母のあの頃ではないのか、また良き人であるかの母と息子が実は犯罪にふちどられた二人であるのではないか、という風に、読む側(観る側)の懐疑心を刺激する力がある。
 第55回岸田國士戯曲賞選評(2011年) – 白水社

自慢の息子

自慢の息子

 
タイトルとURLをコピーしました